国際結婚の離婚率50%は嘘!国際結婚にはメリットもあることが判明

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング国際結婚に憧れているけれど、離婚率が高いと聞いて躊躇している方もいるのではないでしょうか?実際に、国際結婚の離婚率はどのぐらいなのでしょうか?

実は、国別の国際結婚の離婚率を見てみると、国内結婚の離婚率より低いところもあるのです。そのため、正しい知識を持てば、幸せな国際結婚も実現できるでしょう。ここでは、国際結婚の離婚率について分かりやすく解説します。

国際結婚の離婚率の実態

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング

国際結婚は国内結婚よりも離婚率が高いと噂されますが、実際にどうなのでしょうか?ここでは、国際結婚の離婚率の実態について解説します。

国際結婚の離婚率は約50%

国際結婚の離婚率は「特殊離婚率」で計算します。特殊離婚率は「その年の離婚件数÷その年の婚姻件数」で計算しますが、この特殊離婚率を計算すると、国内結婚は34.4%、国際結婚は54.3%という結果になります。 (※注意)厚生労働省公表の平成29年度人口動態調査をもとに計算した数値です。

国際結婚は特殊離婚率で計算してはいけない

特殊結婚では、国際結婚の離婚率は約50%という結果になりますが、特殊離婚率には婚姻期間は含まれていません。結婚した夫婦が離婚に至った割合を知りたいならば、平均婚姻期間を考慮しなければいけないのです。そのため、国際結婚した人の2人に1人が離婚しているというのは誤った情報となります。

国別で国際結婚の離婚率は異なる

国際結婚の離婚率は高いイメージがありますが、国別で離婚率は異なります。外国人は、固定観念がなく愛情表現がストレートのため、交際していると自信を与えてくれるパートナーとなることも。また、発想やアイデアが面白くて新鮮な気持ちが続くという効果も得られます。実際に、国内結婚よりも離婚率が低い国際結婚も存在するのです。

 

▼無料で外国人女性のプロフィール画像を見てみる(ベストマッチメイキングの公式ギャラリー)

[国別]国際結婚の離婚率ランキング

国際結婚の離婚率の計算方法を参考にして、国別の国際結婚の離婚率ランキングを集計してみました。

日本人男性と外国人女性

 

順位

国名

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

平均

第1位

フィリピン

58.29%

54.36%

78.40%

86.67%

78.21%

70.17%

第2位

タイ

53.33%

68.52%

52.94%

76.47%

46.55%

58.76%

第3位

中国

55.96%

53.69%

48.03%

46.87%

47.36%

50.45%

第4位

ペルー

59.35%

53.91%

43.31%

35.34%

62.22%

49.83%

第5位

ブラジル

50.96%

53.91%

43.31%

35.34%

62.22%

49.83%

 

<h3>日本人女性と外国人男性</h3>

順位

国名

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

平均

第1位

フィリピン

34.63%

26.71%

34.72%

41.00%

47.12%

35.14%

第2位

タイ

39.65%

35.98%

38.17%

39.24%

35.02%

37.67%

第3位

ブラジル

29.90%

35.44%

27.43%

30.69%

38.83%

32.34%

第4位

中国

39.27%

33.74%

32.57%

29.48%

25.07%

31.89%

第5位

ペルー

31.40%

24.79%

26.81%

33.62%

41.94%

31.11%

 

国際結婚の離婚率は国で大きく異なる

国際結婚の離婚率は高いですが、国別に離婚率は大きく異なります。とくに、日本の男性が外国人の女性と交際するメリットはさまざまで、愛情表現が豊かでスキンシップも積極的に取ってくれる相手と結婚すれば、自分に自信がつくという効果も得られるのです。そのため、愛情表現が豊かなアメリカの離婚率は25.16%と国内結婚よりも低くなります。

国際結婚の離婚率の方が高い理由

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング

国際結婚が国内結婚より離婚率が高いですが、その理由を把握しておけば、末永く幸せを築いていけます。ここでは、国際結婚の離婚率の方が高い理由をご紹介します。

文化や言葉が異なる

国内外で、言葉や文化は大きく異なります。レストランで食べ残した料理を持って帰ったり、湯舟にお湯をためて入ることがなかったり、カルチャーショックを受けることも多いです。このような文化の違いで、どうしても受け入れられないものも出てくるでしょう。そのため、国際結婚の離婚率は上がってしまうのです。

移住者に大きな負担がかかる

移住者側に大きな負担がのしかかることもあります。移住する場合、住居環境に慣れるだけでも大変です。例えば、日本とアメリカでは交通ルールが真逆です。アメリカでは、右折禁止の標識がない限り、赤信号でも右折が可能なため、赤信号で停止をしていれば、クラクションが鳴らされてしまいます。そのため、移住先のルールに慣れるまで大きな負担がかかってしまうのです。

教育方針が異なる

日本の教育制度(義務教育)は、小学校6年間、中学校3年間と定められています。しかし、海外の教育制度はさまざまです。例えば、アメリカ合衆国の大学入試には年齢制限が設けられてなく、年齢にとらわれない進級・入学制度が設けられています。教育制度が異なる国で生まれた者同士、教育方針がずれてしまうということも良くある話です。

親族付き合いが負担になる

国内結婚でも大きな問題となるのが、親族付き合いです。嫁姑問題という言葉もあるように、配偶者の親・親戚との付き合いに悩む人は多くいます。そのため、国内では核家族化が進んでいるのです。しかし、国内と国外では、親族付き合いに対する価値観も大きく異なります。 お互いに干渉し合わない国もあれば、イベント事には親戚が集まることを慣習にしている国もあります。そのため、日本のライフスタイルと大きく違う文化を持つ外国人と結婚したら、親族付き合いが大きな負担となりがちです。

気丈が合わない

日本人と外国人では気丈が合わないこともあります。奥ゆかしさが魅力的な日本人ですが、外国人の中には、自分の心の中に貯めずに物事を担当直入に話す人もいます。 また、海外に住む日本人は「お互いに助け合おう」という気持ちが底流にあり、誰とでも打ち解ける傾向がありますが、外国人は腹の探り合いをすることも多いです。そのため、気丈が合わないと離婚する国際カップルも多くいます。

【特集記事】

国際結婚をするならベストマッチメイキングで

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング

今回は、国際結婚の離婚率をご紹介しました。全体では国内結婚よりも離婚率が高くなりますが、国別で比較すると国内結婚よりも低くなることもあるのです。また、国際結婚をして離婚に至る要因を事前に確認しておけば、充実した国際結婚を送れます。

もし、国際結婚を視野に入れている方は、婚活アプリ「best-matchmaking(ベストマッチメイキング)」をご利用ください。best-matchmakingは登録会員数が多いだけではなく、サポート体制が充実している国際婚活支援サイトです。

言語やライフスタイルなどの違いから生まれる悩みのサポートもしており、スムーズな婚活をしていただけます。ぜひ、ご興味がある方はアプリをご利用してみてください。

▼まずは無料であなたに合った外国人女性のプロフィールをチェック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loader
サービスをご利用いただくためには、ログイン
もしくは会員登録が必要です。

マッチング成約率を上げるためのカウンセリングを受ける

Create new order

新しい手紙を作成する

私たちはサービス改善のためにクッキーを使用しています
同意して続ける もしくは クッキーポリシーを確認する
x
今なら登録後に無料で4レター分をプレゼント