ウクライナに行くのにビザは必要?ケースごとに解説します

旅先のみならず、婚活先としてもひそかに注目を集めている「ウクライナ」。歴史を感じる街並みやおいしい食事、キレイな女性と、実はウクライナには魅力がたくさん詰まっているのです。

とはいえまだまだメジャーな行き先ではないこともあり、気軽に行けないイメージがありますよね。海外旅行というと、ビザがややこしくて不安を覚えることが多いと思います。ましてやウクライナ人の彼女が出来た日には、結婚できた日には、いったいどういうビザが必要になるのか、気がかりなことが増えていきます。

今回は婚活に関係のあるウクライナのビザについての解説と、ウクライナ人とマッチングできるサービス「ベストマッチメイキング」をご紹介します。ビザを知ることで心配を減らし、ウクライナ人との婚活を楽しんでいきましょう!

▼ベストマッチメイキングはここまでサポート。ウクライナ行きの婚活ツアーパッケージについて

日本人がウクライナに行く場合のビザ

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング

日本人がウクライナに行く場合、以下の条件を満たせばビザは不要です。

  • 滞在90日以内
  • 観光目的であり、お金を得る活動をしない
  • パスポートの有効期限が3ヶ月以上あること
  • パスポートの未使用査証欄が2ページ以上あること

就労や留学の場合はビザが必要ですが、観光や彼女に会うための滞在であれば、この条件をクリアするので問題ありません。ウクライナは行こうと思ったら簡単に行くことができるのです。また、現地での「滞在登録」も不要なので、ややこしい手続きはありません。

なお、現地に行く時は必ず次のものを持っていきましょう。

  • 1日あたり100ドルの現金
  • クレジットカード
  • ホテルの予約があることを示す証明書やバウチャー

ビザなしで入国する場合、これらを所持することを求められています。忘れずに準備しておきましょう。

ウクライナ人が日本に来る場合のビザ

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング

ウクライナ人とめでたくご縁があり順調に仲が深まってきたら、日本に遊びにきてもらうこともあるでしょう。

ウクライナ人が日本に来るためにはビザが必要なので、申請することになります。やり方は2パターンあります。状況にあわせて良い方を選びましょう。

①ウクライナ人が自力で申請する

まずは来日するウクライナ人が自国で申請するパターンです。ウクライナ側で手続きは完結するため、日本で何もする必要はありません。

この場合、本人の預金残高にゆとりがあるか、安定した職についている人なら通りやすいといわれています。

②日本側に協力してくれる人を立てて申請する

2つ目のパターンは、日本側が「あなたを日本に招待します」という手続きを取ることで、ウクライナ側の申請をサポートする方法です。つまり、日本人である男性側にも手続きが発生します。

段取りとしては、大まかに次のような流れとなります。

  1. ウクライナ人と日本人がそれぞれ書類を準備
  2. 日本で整えた書類をウクライナに郵送
  3. それを元にウクライナで申請
  4. 書類に問題がなければ、ビザ発給

この方法だと日本人の後ろ盾があることになるので、申請が通りやすいです。なお、日本側の書類では交際歴を立証する必要があります。ここで普段のやり取りの画像やツーショット写真が必要となるため、普段から楽しく記録する習慣をつけておくと良いかもしれません。

国際結婚が決まった時の手続き

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング

晴れてウクライナ人と結婚することになった場合、両方の国で結婚届を出す必要があります。どちらの国を先に申請してもかまいませんが、移動を伴うパターンもあるのでやりやすい方法で申請していきましょう。

①日本で先に申請する方法

日本が先になる場合のメリットは、お互いがお互いの国に行く必要がない点です。もちろん、せっかくの機会なので同席すれば良い思い出にはなりますが、移動回数が少なくて済むため金銭的に助かります。順序としては次の通りです。

  1. 各自必要書類を準備する
  2. 日本の市区町村役場に届ける
  3. ウクライナの役所で結婚証明書を発行してもらう(申請書類は不要)
  4. 両国で手続きを終えたら日本で配偶者ビザを申請(所要時間1〜3ヶ月)
  5. 配偶者ビザが通れば、日本で一緒に住めるようになる

②ウクライナで先に申請する方法

場合によってはこの方法を取るケースもあるでしょう。流れは次の通りです。

  1. 各自必要書類を準備する
  2. ふたり揃って役所に行き申請(この時日本人は手続き上、1週間の滞在が必要)
  3. 約1ヶ月の待機期間後、あらためて役所に行き登録(日本人の同席は不要)
  4. 婚姻証明書を翻訳して日本の役所に届ける
  5. 配偶者ビザを申請

どちらの方法にしても書類は多く、さらにはお互いの国の書類を相手の国の言葉に翻訳する必要があるため何かと手数がかかります。

この手続きに取りかかれること自体が素晴らしいことではありますが、かなりの時間がかかるものだというイメージだけは頭の片隅に入れておきましょう。

【ウクライナ人女性との国際結婚】

ベストマッチメイキングなら煩雑なビザ手続きも安心サポート!

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ女性との国際結婚ならベストマッチメイキング

ここまででご紹介してきたビザの手続きですが、ウクライナ人のお相手を見つけてからのビザ申請は特に書類がややこしく、翻訳もしなければならず大変。個人で整えるには相当な労力がかかりそうでしたね。

そこでおすすめしたいのが「ベストマッチメイキング」です。

ベストマッチメイキングはロシア人女性やウクライナ人とのマッチングを手助けする国際婚活エージェントです。マッチングのご提案のみならず、言語や文化など交際中の悩み、そして煩雑なビザの手続きまでフルサポートするので安心して婚活を進めていただけます。

▼ロシア、ウクライナ、ベラルーシ...東ヨーロッパの女性と真剣な国際恋愛を

ウクライナツアーに参加して、はじめの一歩を踏み出そう

ベストマッチメイキングではウクライナでお見合いができる「ウクライナツアー」も企画しています。現地では必ず5人以上の女性と出会えるようにセッティングしますし、通訳も付いているので充実したステイとなるでしょう。

憧れの国際結婚に向けた一歩を、ベストマッチメイキングで踏み出してみませんか。ウクライナ人女性との国際結婚を目指して、一緒に頑張っていきましょう!お待ちしております。

【無料】まずは登録女性のプロフィールをチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loader
サービスをご利用いただくためには、ログイン
もしくは会員登録が必要です。

マッチング成約率を上げるためのカウンセリングを受ける

Create new order

新しい手紙を作成する

We have improved our website by using cookies
Continue browsing or learn more
x
今なら登録後に無料で4レター分をプレゼント